大きな庭があって静かな場所にこじんまりとした平屋に住みたい。

老後に階段があると上がるのが大変だし、もし足を滑らせて怪我でもしたら大変。畳で段差がない和風の家がいい。

また、家の回りには、できるだけ土を残したい。

夏は、どんどん気温が上昇しているから、コンクリーで舗装された場所で過ごすのは嫌かもしれない。

それに合わせて、家も和風ながら壁には断熱材を使って外気温の影響を受けにくくしたい。

土を残しているから植物を育てて壁にはわせるとより快適になって気分的にも癒されそう。

都会にあっても自然と調和している家が理想。

今住んでいる家を住み替えるなら

効率性でデザイン性があり、なおかつコンパクト設計のある家ですかね。

まず、効率性が必要です。

非効率的だとどうしてもイライラしたりしてしまう性格なので、効率性は必要と感じます。

次にデザイン性のあるものがいいですが、あまりにもデザインすぎると、やはり管理するのが大変になります。

そのため、複雑な感じではなく、シンプルな物になるかもしれません。

そして、コンパクト設計です。

これは、効率性とシンプルなデザインをさらに、高めるために必要かと思います。

豪邸に住みたいか?という点に関しては、まったく住みたいとは思いません。

上記の事もありますが、今は、仮想(デジタル)と現実とのコラボする時代になってます。

仮想空間は、なんでもありです。

現実世界にないものも、作成可能です。

その影響や固定資産税などのこともあり時代が進めば、豪邸に住むことはバカらしくなっていくと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ