大家さんが住んでいるマンション

私が住んでいたのは高級住宅街にあるマンションで、最上階には大家さん夫婦が住んでいました。とても親切な方で、よく果物やお菓子などの差し入れをしてくださいました。4階建てのRCの、間取りは1Kでした。世田谷の高級住宅街で家賃は管理費込みで6万円くらいです。大きな窓が南と北の双方に取り付けてあり、採光はよかったです。ただし、片側が他の人の民家でそちらの家の窓が近くにあり、反対は大きめの車道沿いだったので外に洗濯物を干すのは難儀しました。そして、ベランダも付いていなかったため部屋干しをするような形でした。また、部屋が6畳と狭く、洗濯機は室外に置場がありました。

安価で生活しやすいマンション

次に住むとしたら、2部屋以上あり、ベランダが付いており洗濯機も室内にありユニットバスのマンションを希望しています。部屋が一つだと寝室と食卓が同じになってしまい生活にメリハリがでないからというのと、私は喫煙者なのでベランダにタバコを吸うスペースを置きたいです。また、布団や洗濯物が干しやすい場所に位置しているとプライバシーも守れて快適かと思います。なぜユニットバスがいいかというと掃除が楽なためです。バストイレ別を条件に家探しをする方も多いですが私はそちらがいいです。また、キッチンは広めでコンロはIHでなくガスコンロで二つ付きだと料理作りも楽しめそうです。

初めて一人暮らしをした洋風の小さなマンション

前に住んでいたマンションは、駅から徒歩10分弱という好立地なのに、昔ながらの商店街を抜けた先にある静かな住宅街にありました。3階建ての白い洋風のマンションで、周りは大きめの一軒家に囲まれていて、世帯数12軒のこじんまりとした、個人の大家さんが管理・経営されている物件でした。築年数は古いのですが、綺麗に外装も内装もリフォームされていたので、とても綺麗で、初めての一人暮らしから10年近く長い間住んでいました。玄関を入るとすぐに備え付けの鏡付きの大きな棚があり、反対側には扉付きの洗濯機の室内バンがあって、小さなキッチンと冷蔵庫のスペース、ユニットバスと洗面所、クローゼットもありました。そこで内側のドアがあり、その中は6畳ほどのフローリングの洋室でしたが、広めのベランダ以外に出窓もありました。

家賃は高くなってもいいので少しリッチな感じのマンション

3階建ての3階に住んでいた時は、そのぶん日当たりが良くて部屋が明るいのは良かったのですが、家具が日焼けしてしまったり、夏場の夜がコンクリートの熱がこもって暑く辛かったので、次は5階建てくらいの3階か4階の角部屋で、住人の年齢層が若くない、つまり騒音などの原因になりやすい学生などが住まない様な落ち着いた年齢層のマンションがいいです。入り口はちゃんとしたオートロックで、留守の時の為の宅配ボックスも設置されていて、中庭には趣味のよい植物が適度に植えられている、できれば外壁は茶色系統の建物がいいです。世帯数はあまり多くない25軒程度で、部屋は広めの2LDK、そんなマンションに住みたいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ